WOOD EGG PROJECT

MENU

【NODATE mug】関美工堂 プロデューサー・関 昌邦

東京時代、宇宙開発の仕事をおこなっていたという関 昌邦さんは、NODATE mugの生みの親。
全国的なアウトドア誌などにも取り上げられるヒット作に込められた思いを伺ってきました。

2020.12.11

世界に誇れる会津塗りを目指して

関さん

私が東京から会津に戻って実家である関美工堂を継ぐと、会津塗りの需要はピークの1/7までどんどん落ちていきました。そういう時代だったんです。そんな中、JAPANブランド育成支援事業として地域の有志が一丸となり、一線級のデザイナーを迎えて2006年に「BITOWA(ビトワ)」という会津漆器ブランドを立ち上げたんです。

美しいデザインのプロダクトもそろう、会津若松市の「美工堂」

BITOWAはiittalaの器の隣においても負けない美しいデザインが自慢で、パリの国際展示会を皮切りにたくさんの人たちの目に止まるようになりました。
でも、どこか違和感があったのも事実。製品のほとんどがプラスチックの素地にウレタン塗装を施したもので、BITOWAに興味をもったお客様に「漆はつかっていないんです」と説明するたびに、フラストレーションがたまっていきました。

漆器のもつ新たな可能性

BITOWAを通じて「会津塗りって何だろう?」と悩み、さらに「漆って何だろう?」と考えるようになりました。
漆の上では様々な菌が死滅し、硫酸にも塩酸にもビクともしない。漆の塗膜はかたいのに柔軟で、断熱性と耐水性と防腐性がある。しかも軽い。そんな漆の面白さをたくさん知ったんです。
そのころアウトドアに興味を持ち始めていて、漆器と外遊びの組み合わせを思いつきました。それがNODATE mugのスタートです。

乳白色の生漆は、空気に触れると茶褐色に変色していく

ローカルブランドという考え方

通常、ひとつの木地を複数の職人がつくることはありません。でもNOATE mugは外側を挽く職人と内側を挽く職人が別々なんです。
専門性を上げることでクオリティを上げつつ、一人でも多くの職人に仕事を依頼することができる。塗った漆を拭いて仕上げる「拭きうるし」の技法を取り入れているのも、訓練校を卒業したばかりの若い職人でも対応できるからです。

木目を美しく際立たせる「拭きうるし」

ローカルブランドは、誰か一人がいい思いをするのではなく、地域が潤う必要があると思っています。だから職人だけでなく、地元アーティストともコラボしています。現代的な図案を蒔絵師が描いて仕上げるんです。素敵だと思いませんか?

会津若松市出身のペインターMHAK氏によるデザイン

NODATE mugが本格的な漆器の道しるべに

NODATE mugはアウトドアで使えるぐらいに堅牢です。だからこそ暮らしの中でカジュアルにラフに使ってほしい。
以前スケートボードを片手に、腰にNODATE mugをぶら下げた少年に出会ったんです。奇跡が起きた!と思った瞬間でした。漆器を知らない彼らの中から、私たちの商品を通じて伝統的な会津塗りに興味を持つ人が出てきてほしい。漆器は実際に高価なものです。だから皆、食器棚の奥にしまってハレの日に使うのだと思います。でも、漆器は使えば使うほどに美しくなるのも魅力のひとつ。NODATE mugで漆の奥深さを知っていただき、会津塗りのゲートウェイになってほしいんです。

デニムのような経年変化を楽しめるブルーが鮮やかなNODATE mug

新たな会津塗りの可能性を求めて

NODATE mugでは漆のカジュアルさを提案してきましたが、本格的な会津塗りに興味を持ってもらえたなら2015年に立ち上げた「urushiol(ウルシオール)」のお椀がおすすめです。会津塗の原点である「日野椀」のフォルムを参考に、とにかく薄く挽いています。
今までの常識ではあり得ないほどに薄いので、当然器の形は狂います。でも、それが木の特性。木の狂いによる変化も楽しんでほしいんです。飯椀の「椀」の字って実は「木へん」。木の器は本来ご飯と食べるものだったんです。この薄い縁の椀で卵かけごはんを食べると本当においしい。
ちなみにこちらの白い椀は、ひとつの器で微妙に縁の厚さを変えてあります。椀の中に入る食材によって食べる口を変えるんです。食事が楽しくなること請け合いですよ。

右手前の椀は縁の厚さが場所によって微妙に異なる

エピローグ

木地師、塗師、蒔絵師と完全分業でつくられる会津塗り。これを売るのが「売り師」。それぞれがそれぞれの道を極めるプロたちです。サラリーマン時代は宇宙に目を向け、会津に戻り地方に生きる。関さんの人生は、両極端のように見えて、新たな挑戦を繰り返すという意味では芯はひとつ。伝統を重んじながらも新しいステップに挑むその姿に、売り師としてのプライドを感じることができました。(取材:2020年7月)

NODATE mug

カラー:透き漆(茶) 、墨黒 、朱
容量:約250ml
サイズ:φ8cm×H8.7cm
重量:約60g
価格:5,600円(税込)

URL:http://nodate.jp/
家づくりの相談予約