WOOD EGG PROJECT

MENU

【葛西 国太郎】お気に入りの豆皿で、暮らしに彩りを

4寸未満の直径のなかに、愛らしく遊び心にあふれた楽しい豆皿の世界。ちょっとしたひと口が、特別な時間になる豆皿は、色づかいや形も千差万別です。

2021.01.29

豆皿の世界へようこそ

「豆皿」とは、直径が4寸(約12cm)未満の小さなお皿のこと。昔は、お膳に乗せられた食事を清めるために使用され、塩を盛る皿「手塩皿(てしおざら)」と呼ばれていました。近年になって塩を盛る文化がなくなり、その愛らしい見た目も手伝って「豆皿」としてたくさんの人たちに愛されています。

棚に陳列してもすっきりかわいい豆皿たち

人気の作家さんの作品はそれなりに値が張る一方、気軽に手に入れられるのが豆皿の魅力のひとつ。気が付くとコレクションが増えている…なんていうことも。それでも棚に増えていく豆皿たちから、「今日はどの子を使おうかな?」と悩むひと時も楽しいものです。

今日は優雅な3時のおやつに豆皿を使います

もうひとつの豆皿の魅力は、その万能性。
ネギなどの薬味を入れたり、醤油などの調味料を入れてもよし。朝食のお漬物を盛りつければ、朝の元気も演出してくれます。ちょっとしたおつまみを盛りつければ、晩酌の時間も素敵なひと時に早変わり。 コーヒーや紅茶を楽しむときには、砂糖やミルクを置いても様になります。 お気に入りのデザインの豆皿は、アクセサリー入れとしても活躍します。

ティーマットとのコーデを考えるのも楽しみのひとつ

イチオシなのは、お気に入りのお菓子を少しずつ盛りつけた和風のアフタヌーンティー。こだわりの和菓子も、手づくりの焼き菓子も。何ならコンビニで買ってきたお菓子でさえも絵になるのは豆皿の最大の魅力。
自宅の和室やダイニングで過ごす午後を、お気に入りの豆皿を使って優雅で楽しい時間にしてみませんか?

商品紹介

葛西国太郎 豆皿(色絵・白マット)

サイズ:φ約9cm×H約2cm
重さ:約80g
種類:[色絵 POPPY] 黄・紫・ピンク・緑、[色絵 MUM] 黄・紫・ピンク・緑、[白マット] MUM・ANEMONE・HANAMIZUKI・ROSETTE
価格:1,980円(税込)

家づくりの相談予約