WOOD EGG PROJECT

MENU

【おいしいものづくり】ベーグルU

「おいしいものづくり」をご紹介したいー。
そんな思いから、ウッドエッグガーデン仙台では3月13日(土)14日(日)に「小さな春のパンマルシェ」を開催します。
このイベントに共感いただき、参加していただくパン店は、2日間で10店舗。
今回は、仙台市太白区にある「ベーグルU」さんのご紹介。宮城県外にもたくさんのファンがいるベーグルづくりのお話を聞いてきました。

2021.03.04

まずは、自分が食べておいしいと思いたい

師さん

パン好きな方はご存じかと思いますが、ベーグルの特徴は一度茹でてから焼き上げるところです。茹でられたベーグルの生地の表面には膜ができます。この膜が生地の発酵を止め、チュウイーで独特な食感になるんです。

厨房は女性ばかり。店主の師さんに話を伺った

ベーグルって若い女性が好きな食べ物って思いますよね?私も実はそうでした。だから最初にメニューを決めたときも、ヘルシーで野菜が多く、甘いものを中心につくったんです。カボチャとチョコのベーグルとか、ニンジンとクリームチーズの組み合わせとか。

でもふたを開けてみると、年配の女性や男性のお客様などたくさんの方に喜んでいただけました。だから毎日来ていただいても飽きないように、今では9種類の定番メニューを含めて30種類ほどのベーグルを日替わりでつくっています。

茹でられたカボチャのベーグルは、鮮やかな黄色が印象的

新しいメニューの開発は、自分たちが食べて「おいしい!」と思えることが絶対条件です。私だけでなく、母や一緒に働く女性スタッフの意見も聞きながら皆でつくっています。だからスタッフ一同、自分たちでつくっているベーグルのファン。ありがたいことに、わざわざ購入して帰るスタッフもいるんです。

朝の厨房はまるで戦場。たくさんの種類のベーグルが次々と焼かれていく

自分が食べておいしいと思えるものをつくりたいから、余計なものは加えません。日持ちするような添加物もあるんですが、使うと味が落ちてしまいます。

できるだけ天然の素材にこだわり、真面目につくったベーグルは「生もの」。次の日には味が落ちてしまうので、購入した日のうちに食べてほしいですね。もしも残ってしまったなら、冷凍して食べるときに自然解凍するとおいしく食べることができますよ。

手間暇かけておいしいベーグルが焼きあがる

あとがき

早朝に撮影に伺うと、厨房は熱気に包まれていた。ベーグルを茹でる湯気が立ち込め、レンズが曇る。シャッターチャンスが逃げてしまう!と焦る私を横目に、次々とベーグルがつくられていく。そこはまるで戦場のようで、気が引き締まるようだった。
仕事がひと段落すると、厨房の女性たちは人が変わったかのように柔和で人懐こい笑顔を見せる。真剣に、真面目につくられたベーグルを頬張ると、その笑顔に納得の味がした。

ショップ情報

ベーグルU

住所/宮城県仙台市太白区富沢4-8-47
営業時間/9:00~18:00
定休日/月曜日・第四火曜日

URL:https://www.instagram.com/bagel_u_sendai/

イベント情報

春の小さなパンマルシェ

ウッドエッグガーデン仙台では、3月13日(土)、14日(日)に、ふるさとのおいしいものづくりをご紹介&販売するイベント「春の小さなパンマルシェ」を開催いたします。
宮城県内を中心に、おとなりの山形県からもおいしいパンが届く予定。同時開催でお庭サイズの「おうちアウトドア」を体験できる催しも!

今回ご紹介したお店の出店情報やイベント詳細は、下記リンクよりご確認ください。

URL:https://woodegg.jp/news/569/
家づくりの相談予約